ブログ詳細

BLOG

健康 2021/01/23

病院に行かない方が健康になれる!!!

病院に行かない方が健康になれる!!!

コロナで通院を控えた人の7割が「体調悪化せず」という真実。

 

「薬をもらうだけ」「検査を受けるだけ」は百害あって一利なし、だった。

 

以上は、令和3年1月8日号の週刊ポストの記事です。タイトルは『病院に行かない方が健康になれる』と言う、我が目を疑うような10頁にわたる特集記事です。

 

でも驚かないで読んでみて下さい。私はこれからもっともっと衝撃的な話を、ご紹介致します。

 

そもそも、ガンを始めとする糖尿病、アレルギーなどの生活習慣病の原因は『生活習慣の誤り』が原因なのですから生活習慣を改めなければ治りません。

 

これが『因果の法則』です。中でも医聖ヒポクラテスの言う通り『食べ物で治せない病気は、医者にも治せない。』が非常に分かりやすい摂理であります。

 

もっとも、その食生活の厚生労働省の指針が大間違い、なのですからトンチンカンな努力を国民挙げてやっていることになります。

 

その代表が『塩分の制限』です。塩分を制限し過ぎて『低体温』になって免疫力が下がっているのです。

 

この50年間で、日本人の平均体温は『1.7℃』も下がっているのです。(厚生省の調査報告によれば、1957年の36.9℃から2008年の35.2℃)36.9℃とは、ずい分高いと思われるでしょうが、体温計に37℃のところに赤い線が入っているのは、それだけの体温がないと、免疫は100%ハタラカナイと言うことです。(真弓定夫医博の『37℃のふしぎー体温を守ろう!!低体温が病気を招く』美健ガイド社発行を是非お読みください。)

 

1.7℃も平均体温が下がったら、種の絶滅を心配しなければならないくらい大大大問題であります。

 

免疫力は約半分になっていると思われます。その半分の力で新型コロナに対応しなければならないのですから大変です。低体温について、もっと声高に専門家の人たちが発言してくれないといけませんネ。

 

身体を冷やす、水や果物や白砂糖や化学物質のお薬の過剰と、逆に大切な塩を控えすぎた弊害がでているのですから、間違った健康指導をされるくらいなら一層病院に行かない方が良いのかも知れません。

 

そこで衝撃的な話題について考察していきます。

 

財政破綻を来たした、北海道の夕張市は市民病院を閉鎖。文字通り医療崩壊してしまいました。

 

ところが、市民は非常に健康になってきた、というのです。それを裏付けるような話を『ロバート・メンデルソン医師の「こうして医者は嘘をつく」三五館発行にあります。(三五館は倒産していますので古本でしか現在入手出来ないのは残念です。) アメリカで30万部売れた、と言うのですから、どこかの出版社が出版してくれても良さそうなものです。それでは、引用をしてみますね。卒倒しないで読んで下さい。

 

著者は、イリノイ大学医学部の准教授でイリノイ州医師免許委員会委員長という肩書です。

 

*************

 

★P127 第6章 人を死に至らしめる医学  7行目から

 

現代医学がいかに猛威を振るっているかは、医者がストをしたときに明らかになる。

 

1976年、南米コロンビアの首都ボンゴで医者が52日のストに突入し、救急医療を除くすべての診療活動を停止した。すると、現地の新聞がストの奇妙な影響を報じた。死亡率が35%も低下したというのだ。国営葬儀協会は「これは偶然かもしれないが、まぎれもない事実だ」とコメントした。

 

1976年、ロサンゼルスで医者管理学を研究するミルトン・レーマー教授が17の主要病院を調査したところ、ストの期間中、手術の件数が6割も減少したことがわかった。ところが、ストが終わって医療機器が再稼働すると、死亡率はストの前と同じ水準に戻った。

 

1973年、イスラエルでも同様のことが起きた。ストが行われたために、患者の数が1日につき6万5000人から7000人に減らされた。エルサレム埋葬協会によると、ストが行われた1ケ月間で死亡率が半減したという。イスラエルでこれほど死亡率が下がったのは、さらに20年前に医者がストをしたとき以来だった。

 

************

 

コロナの事が起きる前に、現代医療の根本からのオカシサを問うていなければならなかったのに、分かっている者たちが手をこまねいていたばっかりに、こんなテイタラクの状態になってしまたことは、真に情けない話であります。

 

マクロビオティックの創始者 桜沢如一は、70年も前にドクター・アランジーの『西洋医学の没落』を紹介し、西洋医学の限界を語っていました。そしてその桜沢の『食べ物だけで病気が治る、新食養療法』は戦前、実業の日本社から発行されて600版も重ねた大ベストセラーなのに、ほとんどそのかけらも残っていないに等しいのは、なんと日本人は、ボーっと生きているのか。

 

その書物は、冷えが怖い、塩をしっかり摂れ!!のオンパレードなのです。

 

今回の文章を締めくくるにあたって

 

スタンフォード大学医学部教授 ブルース・リプトン著『思考のすごい力』(PHP出版)

 

の172頁の後ろから2行目から是非読んで下さい。

 

ざっくり言いますと、現在アメリカ人の死亡原因の第一位は、ガンでも心臓病でもなく医原病(医学の間違いによる)で、約30万人が死んでいる(私 阿部に言わせれば、殺されている)というのです。

 

なるほど、医者がストライキをやったら死ぬ人が激減した、というのも肯づけますよね。

 

夕張市の市民病院閉鎖は、死ぬ人が減って当然とも言えます。

 

そして、コロナ禍での受診控えが、むしろ健康回復につながっているのも肯づけますね。

 

その意味で、絶版の『こうして医者は嘘をつく』を大大大ベストセラーにしたいと切に願うのであります。

引用元:食養の道